日本医師会ORCA管理機構

紹介状作成プログラム MI_CAN

製品概要

製品概要

MI_CAN(Medical Information system for Creating A regional medical Network)は、医療連携用のデータ作成機能を持つ紹介状・診断書等を作成。電子署名、文章交換サービスと連動させれば、すぐに地域医療連携システムを構築できます。

製品特長

日医標準レセプトソフトの情報を活用して紹介状が作成できます。

紹介状に必要な患者氏名・保険・住所・病名・診療行為等の入力は、日医標準レセプトソフトの情報を活用することができますので、二重入力の手間や入力誤りが削減できます。

検査結果や画像情報を紹介状等に張り付け

検査結果や画像情報を紹介状に張り付けられるだけでなく、各種ソフトと連携すると紹介状等の文章情報、検査データや画像情報の保管管理も容易に行えます。

地域医療連携用データの作成が可能

地域医療連携システムに参加する際に求められるHL形式(JAHIS準拠・SSMIX2準拠)のデータを作成できます。
またCSV形式のデータも作成できますので、各種データの利活用が可能となります。

多様なアプリケーションとの連携が可能

タイムスタンプ付電子証明を付与するSignedPDF for ORCAをはじめ、帳票カスタマイズソフトや文書管理ソフト等市販ソフトと連携が可能です。より多彩な利用が可能です。

仕様・動作環境

紹介状作成プログラム MI_CAN 仕様・動作環境

OS
Microsoft Windows 7/8.1/10
画面解像度
1280×800以上
追加コンポーネント
Firebird2.0以上、NET・Framework4.0以上
関連ソフトウェア

関連ソフトウェア

検査・画像情報提供加算/電子的診療情報評価料 手軽で安価に対応するための3つのツール

紹介状作成ソフト

ただし、二重入力は避けたい
(電子カルテは持っていない)

日医標準レセプトソフトとMI_CANで検査結果や画像の入った電子紹介状(PDF)を作成

HPKI対応の電子署名ソフト

改ざんの防止と原本性の確保

日医の医師資格証を用いて電子紹介状(PDF)に電子署名ができるソフト

安全な送受信が行えるソフト

身近なインターネットを安全に使う

算定条件をクリアするために構築された日医のクラウド型文書交換サービス

「紹介状作成プログラム MI_CAN」に関するお問い合わせ

製品に関するご質問・資料請求

「紹介状作成プログラム MI_CAN」に関するご質問・お問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。